アンチエイジングという美容方法で若返りを目指す方は男性女性問わず増えてきていますね。化粧品やスキンケアを使ったり、エステサロン、デトックスなど、まざまな手段と方法を特集!

弱酸性の方がいい?

さて、洗顔料について、人の肌とPH値がほぼ同等の「弱酸性」のものが近年よく売り出されています。やっぱり、弱酸性の洗顔料を使った方がいいのでしょうか?

個人的な意見としては、「特に弱酸性にこだわる必要はない」です。なぜなら、手や体を洗う「石けん」は、弱アルカリ性。そして石けんの歴史はかなり古いものですが、この石けんの弱アルカリがもとで、肌トラブルになったという例を聞いたことがないからです。

そもそも石けんも洗顔料も「洗う」ためのものであって、ずっと肌につけておくものではないのですから、こだわる必要はない、というところです。石けんでばかり洗っている手だって、PHを測ってみたらちゃんと弱酸性を保っているはずですよ。これは、肌そのものがPH調節をきちんとしてくれているからです。
洗顔料選びで大事なポイントは、弱酸性かそうでないか、ではなく「しっかり汚れを落としてくれる」、そして何より「自分にとって洗いごこちがいい、肌に合う」というところだと思いますよ。

参考サイトまとめ

MENU