アンチエイジングという美容方法で若返りを目指す方は男性女性問わず増えてきていますね。化粧品やスキンケアを使ったり、エステサロン、デトックスなど、まざまな手段と方法を特集!

ダイエット食品の落とし穴

さて、ダイエットをしようと考えた場合、よくある手段が

・運動
・食事を減らす
・サプリメント
・ダイエット食品を食事と置きかえる

こんなところでしょうか。特に最近は、食事の代わりにできるダイエット食品が人気を集めています。「夕食をこれに置きかえるだけでOK!」というものですね。栄養バランスもある程度考えられているので、安心して食事代わりにできる、というわけです。

しかしこういったダイエット食品でたまに見かけるのが、一部の栄養素が圧倒的に不足している食品です。まあ、ダイエット目的なので脂肪に関しては低い数値でOKなのですが…問題は、たんぱく質。たんぱく質は「体をつくるモト・筋肉のモト」として重要な栄養素。これをいたずらに減らしてしまうと、確かに体重は落ちますが、筋肉も落ちてしまうことが多いのです。

どういうことか分かりますか?痩せたはいいものの、筋肉も減ったことであちこちがたるみとシワだらけに、なんてことに。それだけではありません。人の体にあるたんぱく質の約4割は、コラーゲン。つまりたんぱく質が不足するということは、コラーゲン不足になるということなのです。特に肌にとってはコラーゲンは最重要。コラーゲン不足の肌はハリを失い、老化に直結してしまいます。

「とにかく体重を落とせばいい」という考え方は、アンチエイジングの大敵でもあるのです。痩せたけど老けた、って、それでは意味がありませんよね^^;

参考サイトまとめ

MENU