アンチエイジングという美容方法で若返りを目指す方は男性女性問わず増えてきていますね。化粧品やスキンケアを使ったり、エステサロン、デトックスなど、まざまな手段と方法を特集!

保湿に過敏になりすぎないで

スキンケアでよくありがちなのが、「油分のつけすぎ」です。化粧水→美容液→保湿クリーム…このステップが絶対に正しい。あなたはそう思っていませんか?しかし、この最後のステップの保湿クリームなどが、かえって肌の状態を悪くしてしまうことがあるのです。

そもそも、人の顔というのは、その場所によって、皮脂の分泌量が全然違うんですよね。たとえばTゾーンなどは皮脂分泌が多くてテカリがちですし、逆に目や口の周りなどは乾燥しがちです。これを考えずに、保湿クリームを顔全体につけている人。…よくないと思いますよ。クリームの油分に皮脂がプラスされて油分が過剰になってしまうと、かえってニキビやシミなど、肌トラブルを招いてしまうこともあります。
そして、年代によってもその必要性はことなってきます。若い年代、まして夏場であれば、ほとんど保湿クリームの必要がないという肌状態の人も少なくありません。

保湿クリームなど油分を多く含むものは、顔全体にまんべんなくつけるものではないと思います。「皮脂だけでは油分不足」のポイントにのみ使うようにしましょう。で、どこが不足しているのか?これを知りたい時は、ちょっと荒っぽいやり方ですが、化粧水と美容液だけをつけた状態で、一晩過ごしてみて下さい。そして朝起きたとき、カサカサ・つっぱりなど、乾燥を少しでも感じるところがあれば、そこが保湿クリームなどをつけるべきポイントでもあります。

「過ぎたるは、なお及ばざるがごとし」これは、スキンケアにも言えることだと思いますよ。

参考サイトまとめ

MENU