アンチエイジングという美容方法で若返りを目指す方は男性女性問わず増えてきていますね。化粧品やスキンケアを使ったり、エステサロン、デトックスなど、まざまな手段と方法を特集!

化粧水はじっくり肌になじませよう

さて、お風呂あがりに真っ先にやらなければいけないことといえば、保湿のためのスキンケア。まずは化粧水・そして美容液の順でつけていきましょう。年代や肌の状態・季節によっては、その後さらにクリームやオイルなどのケアがプラスされます。

ここで気をつけたいのは、化粧水・美容液は肌にじっくりとなじませること。乾燥が怖いからといって、これらが肌にまったくなじんでいないのにすぐクリームなどをつけたりすると、肌に油膜ができてしまい、化粧水・美容液に含まれたせっかくの美容成分が浸透してくれません。

ところで、「肌につけたものは、単に肌の上に乗ってるだけ。だから化粧水の成分が浸透するなんて嘘っぱち」という持論を展開している人もいるようですが、私はそうは思いません。肌につけるものが浸透しない、つけても効果がないなら、たとえば世の中に塗り薬なども存在していないはずですし。

体の中からのケアもとても重要ですが、内面だけのケアをしている人と、内外両方のケアをしている人とでは、やはり後者の方が状態がいいと思います。かくいう私も、数年前まで外側のケアは本当に放ったらかしでしたから、その差がよく分かるんです^^;
ちなみに、私は化粧水や美容液はすべてコットンを使わず手でつけています。理由は、「コットンにエサをやるなんてもったいない(笑)」…ではなく、この方が、直接指で触れるだけに、肌の状態をよく感じとることができるんですよね。あと、化粧水を顔全体になじませたら、そのあと頬の部分を両手で軽くおさえるようにして、ちょっと温パックっぽくすると、さらになじんでくれる気がします。

参考サイトまとめ

MENU