アンチエイジングという美容方法で若返りを目指す方は男性女性問わず増えてきていますね。化粧品やスキンケアを使ったり、エステサロン、デトックスなど、まざまな手段と方法を特集!

同じスキンケアじゃいられない

さて…あなたはこれまで、どんなスキンケア用品を使ってきましたか?そしてそれはどのように選びましたか?

結構よくある例が「母親のお気に入りと同じもの」という選択。しかし結論から言えば、これは特に若い世代の人にはおすすめできません。なぜかというと、年代によって肌の状態というのはかなり違ってくるからです。

特に大きな差は皮脂の分泌量。40代・50代の母親の肌が潤うスキンケア用品を20代の娘が同じように使うと、ニキビができてしまう、というケースなどはよくあることです。これは、もともと皮脂の分泌量が多い20代が、皮脂の少ない40代・50代向けのスキンケア用品を使用したことによって、肌の油分が過剰になってしまうからなんですよね。40代・50代の人にとってはすぐれたものであっても、それが若い世代にも良いとは限らないのです。

何十年も同じスキンケア用品を使っている、という人にも同じことが言えます。加齢とともに皮脂も減少していくのに、いつまでたっても若い世代向けのスキンケアのままでは、だんだん油分が不足してきます。これは肌の乾燥の原因ともなり、結果的にちりめんジワなどがどんどんできてしまったり、なんてことも。基本的には、加齢するごとに保湿が重要になってきます。
スキンケアは、あなた自身の肌状態をよく見ながら、その世代その世代におうじた対処を適切におこなっていきましょう。ヘタに年齢に逆らったスキンケアをするよりも、結果的にはこちらの方がよい肌の状態を保つことができるはずです。

参考サイトまとめ

MENU